2016年05月02日

FX(外国為替証拠金取引)に関する概要

FXとはmargin Foreign eXchange tradingの略で、日本語では外国為替証拠金取引といいます。一口で言えば、外国の通貨を売買することで利益を上げることを目指す投資商品です。外国通貨は為替市場を通じて日々売買されており、為替レートの変動により相対的な値上がりや値下がりが発生します。

このシステムを利用し、為替差益を得ようとするのがFXの基本的な投資手法です。たとえば1ドル=100円というレートを示している時点でドルを購入し、その後1ドル=105円に変動した時点でドルを売って円を買い戻せば、1ドルにつき差し引き5円の利益を得ることになります。取引を行うにあたっては、まず、取扱い業者において専用の口座を開設します。そ

してその口座に証拠金(保証金)を預け、これを原資として売買を行います。ただし、証拠金の額以上の取引を行うことも可能です。これは一般にレバレッジ取引と呼ばれているもので、現在日本では最大で証拠金の額の25倍の取引を行うことが認められています。これにより、少ない原資でも大きな利益を得るチャンスが生まれます。また、通貨間の金利差を利用して利益を得ようとする取引手法もあります。これをスワップ取引といいます。
posted by ジェームス・ポンド at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。